高血圧,病気

スポンサードリンク

高血圧は病気になる可能性が高い

 

高血圧にかかることによって、心臓の病気になる可能性
高くなってしまいます。

 

高血圧では、動脈硬化が進みますので心臓に負担がかかり
合併症を引き起こします。

 

事前に高血圧の心臓の合併症の怖さを知っておくと血圧の
管理がいかに重要かを知ることができるでしょう。

高血圧が心筋梗塞になる可能性

 

高血圧は心肥大という病気にかかりやすくなります。
心肥大というのは、心筋が大きくなってしまい、
心臓の壁が厚くなることを指します。

 

心臓が大きくなってしまいますので心肥大になるのです。
心肥大になってしまうことによって心臓の機能が低下します。

 

心臓の機能が低下する事によって、心不全を起こします。
心不全を患ってしまうと、生命の危機になる可能性が
あるので注意しなければいけません。

 

心筋梗塞にも成る可能性が有ります。心筋梗塞は強い痛みを
伴い、突然死んでしまうこともあります。

 

発作が始まったら3割の人が亡くなります。
そして、1時間以内に半数以上の人が亡くなってしまう
恐ろしい病気が心筋梗塞です。

高血圧と病気個別ページ一覧

高血圧と動脈硬化
高血圧は自覚症状が有りませんので、発病したとしても直ぐに気付くことが出来ません。自覚症状がないため、直ぐに気付くことが出来ないと言うことでサイレントキラーと呼ばれています。高血圧は対して症状が出ないことから、放置してしまう人が多いのですが合併症を引き起こします。合併症を引き起こしてしまう原因は「動脈硬化」にあります。高血圧は動脈硬化が起こることで、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症が起こるのです。
高血圧と脳梗塞
高血圧を患うことで、脳に関する合併症を引き起こす可能性が有ります。脳梗塞も高血圧の合併症になります。高血圧によって動脈硬化が進んでしまいます。脳に動脈硬化が進みますと、脳に血栓が詰まることで脳梗塞を引き起こします。血栓というのは、血の塊みたいなものです。血液が流れなくなってしまうと、酸素や栄養分が脳に送られなくなります。脳に送られないことで、脳細胞が死んでしまうのです。
高血圧と糖尿病
高血圧を患っている人は、糖尿病になる確率が高くなってしまいます。高血圧は他の病気にかかってしまう恐ろしい病気です。高血圧を放置することで、動脈硬化が進みますので合併症を起こしてしまうのです。高血圧を患っている人は、普通の人と比べると2・3倍は糖尿病になる可能性が高くなってしまいます。
高血圧とメタボリックシンドローム
高血圧とメタボリックシンドロームは大きく関係しています。メタボリックシンドロームと言うのは、生活習慣病が複数発症しているのです。高血圧もその1種となります。高血圧以外にも、肥満、低HDLコレステロール血症、高中性脂肪血症、2型糖尿病のうちの3つ以上の病気を抱えていますとメタボリックシンドロームと言うことになります。

高血圧食事療法!

最新記事

スポンサード リンク