高血圧,降圧薬

スポンサードリンク

降圧薬の種類

 

高血圧の薬物療法の降圧薬には色々な種類が有ります。
人によって降圧薬の種類にも違いが有ります。

 

服用してはいけない降圧薬などもありますので、
良く医師に相談してから服用するようにしましょう。

 

アンジオテンシンU受容体拮抗薬は、血管を収縮させて
血圧を上昇させるアンジオテンシンUの作用を抑える
ことで血圧を下げるといわれています。

 

心臓や臓器などの保護をする作用もあるとのことで、
心臓や臓器などが悪い人も服用出来るようです。

 

しかし、高カリウム血症の人は服用できません。

 

アンジオテンシンUを飲むことによって、
めまいや動悸などの副作用が有ります。

カルシウム拮抗薬

 

カルシウム拮抗薬も降圧薬として有名です。
高血圧によって合併症を引き起こしている人にも
有効とのことです。

 

動脈硬化や脳出血などを引き起こしている人は、
カルシウム拮抗薬を服用して薬物療法を行っている方が
多いのです。

 

脈が早くなるなどの副作用もありますが、
基本的には副作用は少ないのが特徴とのこと。

降圧薬とは個別ページ一覧

降圧薬の副作用
降圧薬を飲むことによって副作用を引き起こしてしまう可能性が有ります。降圧薬を飲むのであれば、副作用について知っておき服用するようにしましょう。高血圧の薬物療法として、多くの人が降圧薬を長期間の服用する事になると思います。中には降圧薬を服用しなくても、良くなるケースもありますが2割程度の人だけです。それ以外の8割の人は、継続して服用する事になるのです。
降圧薬の注意点
高血圧の治療方法の1つとして挙げることができるのが「降圧薬」になりますが、降圧薬によって治療を行っていくときに気をつけなければいけないことが有りますので覚えておくようにしましょう。基本的に、降圧薬の治療を行っていくときに医師から指示されることを守れば問題ありません。当たり前の事ですが、薬の量を自分で調整するのは止めましょう。
自然の降圧薬「カリウム」
カリウムを摂取する事も参考にしても良いでしょう。カリウムと言うのは、自然の降圧薬と言われているのです。自然の降圧薬であるカリウムは、塩分を排出してくれる役割を持っています。塩分を体から排出し、尚且つ血圧を抑える作用があるのです。食事療法を行っていくときには、カリウムの摂取を考えてみても良いのではないでしょうか。

高血圧食事療法!

最新記事

スポンサード リンク