高血圧,仕組み

スポンサードリンク

血圧と血液?の違い

 

高血圧を患っているのであれば、血圧の仕組みを
知っておくようにしましょう。

 

血圧と血液?の違いというのは圧力という違いなのです。
血液が血管の壁を押す力の事を「血圧」と言います。

 

血液と心臓が影響して、血圧が上がっていきます。
心臓がポンプのように、血液を体中に送り出していきます。

 

心臓がポンプのように圧力をかけて、血液を通して酸素などの
栄養分を体中に送ることによって私たち人間の体は
保たれています。

 

血圧はただ単に圧力だけではなく、心臓から送り出される
血液の量と血管の硬さによって決まります。

 

この数値が高くなってしまうと、高血圧になってしまいます。

 

最大血圧と最小血圧

 

血圧には最大血圧と最小血圧の2種類に分かれてきます。

 

心臓がポンプのように血液を体中に送り出していき、
収縮と拡張を繰り返しますので拡張した時には最小血圧、
収縮した時には次第血圧となっています。

 

血圧の仕組みと言うのは、このような形になっています。


高血圧食事療法!

最新記事

スポンサード リンク